2015年3月3日火曜日

Slave to fear of the dark

作詞:Lucy
special thanks:Christopher Seabaugh

重なり合う熱の 埋めあう歳月と
背中合わせに潜む 儚さと
exchange minds each other in silence(無言の心の交流)
言葉よりも強く この身体を突き抜ける

no more talk about a boring reality(くだらない現実なんて話すのはやめよう)
enjoy without such tasteless things together(そんな無粋なことは無しにして一緒に楽しもう)
この一時だけは

don't leave me(行かないで)
砕け散った鏡に
映る記憶の欠片を
拾い集めても
答えはない

How can I escape from this fate?(どうやったらこの運命から逃れられる?)
Is the game over again?(またゲームオーバーなの?)
行く当ても無く彷徨う

痛くない振りをして
いつもどおり笑っても
傷は隠せない
I don't wanna cry(泣きたくなんかない)

深い海の底 闇に沈んでいく
I feel my body sinking into my darkness(私は自分の闇に沈んでいく)

どれだけ足掻いても 光は遠のいていく
気泡はこの手をすり抜けて

夜に舞う
蝶のように空へ
吸い込まれていく
My wish slip through my fingers(希望は私の手をすりぬける)
bringing me out (私を連れ出して)
この孤独から
連れ出して

How can I escape from this fate?
Is the game over again?
止まることのない無常のゲーム

意味のない言い訳を
繰り返して 逃げ続けて
それでもまた歩き出す
I am a slave to fear of the dark (私達は暗闇の恐怖の奴隷だ)


A slave to fear of the dark
There is no love there is no happiness(愛もなく幸福もない)
Wander around in nightmare(悪夢をさまよい続ける)


愛し合って 傷つけ合って
許したくて でもできなくて
道を見失い goodbye forever(永遠にさようなら)
I am a slave to fear of the dark(私は暗闇の恐怖の奴隷だ)

振り出しに戻って restart game(ゲームの再開)
容赦なく鞭打つ闇の支配者
I kill you with stabbing your heart over and over again(私はお前の心臓を突き刺す何度も何度も)
Try to escape from you(お前から逃げようと)
but why do you have a face as me?(なのに何故お前の顔は私なのだ?)

~~~~~以下概要~~~~~

刹那的な愛に溺れる男

そんな愛し方しか知らない

なぜ自分は愛されないのか?

過去の記憶をさかのぼる

そこには答えなど存在しない

彼は気づかぬうちに暗闇の恐怖が作り出す迷宮の迷路に迷い込んでいた

彼はついにその迷路の支配者を殺すのだが

その顔を見てみると自分自身だった


人は生きていくうちに 心に多くの傷を負ってしまう

その傷は人々を疑心暗鬼に陥れる


あの暗闇の中には何か恐ろしいものが潜んでいるのではないだろうか?


幼いころ誰もが感じる様な恐怖

彼は過去に受けた心の傷の影響で 

そんな暗闇の恐怖を自分自身でいくつも作り出してしまうのだ

それはまるで出口のない迷路の様に 彼に同じ道を歩かせる


答えは過去にはない 未来だけにあるのだ

恐怖心を克服し 周りを見渡せば

そこに暗闇など一つも存在しない

0 件のコメント:

コメントを投稿

Contact US

名前

メール *

メッセージ *