2015年9月30日水曜日

自作サスティンブロック home made sustain block!!

3Dプリンターギターを作成していたときに、なんと!

ブリッジを破損!! 

やはり純正でないとダメだと悟り、純正を購入したら、付属のサスティンブロックでは高さが足りず


どうせなら自分で作ってしまおうと決意し、

今回はその一部始終をまとめました!٩( 'ω' )و

素材は真鍮、マシニングセンターで高精度加工します。

注:真鍮は、サスティンブロック界ではブラスと言われているようです。


まずは設計します。
色んなサイトを観たり、32mmのサスティンブロックを参考にしたりして。

汚い字…



デザイン性も重視して、表面にブランド名?とサイズを刻印しようと思います。
Gimp2というありがたいフリーのお絵かきソフトでデザインします。

今回は、こちらのフリーやら商用やらのフォントを載せているサイト(DaFont) からダウンロードしたフォントを使います。
色々出力してみて、機械で彫り込む事も考慮して、できるだけシンプルでかっこいいものを選びます。
今回は、100%freeのBuffied と数字はBAT MENを使わせていただきます。



これをPNG形式で出力し、MasterCAMに取り込みます。



ブリッジと接続するM5のタップは特に問題ないのですが、バネを差し込む穴に実は傾斜が付いております。
色々計測した結果、80°と判明はしてませんが、そんな感じでした。

ですので、10°の角度を付けた持具を作らなければなりません。
ここは腕の見せ所ですよ!!下の画がその持具です。




 そして、実際に取り付けて加工しました。
どうですか?
まあ普通ですね。




そして以下が出来上がったものです。 刻印がしっかり刻まれています。

当然ですが、M5のタップもしっかり出来ています。

普通の穴に見えますが角度が付いています。

ブリッジに装着。 私のメタリックサインが映り込むほどピカピカです。
 二つ余分に作りました。 欲しい方がいましたらContact us から連絡ください。 
格安でお譲りできます。おそらく2千円…

純正のフロイドローズでしたら、ちゃんと装着できます。 精度が高いので非常い具合がいいです!








0 件のコメント:

コメントを投稿

Contact US

名前

メール *

メッセージ *